So-net無料ブログ作成

坂上忍の再ブレークにはこんな理由が!

芸歴43年という長いキャリアを持ち、再ブレークを果たした坂上忍さん。
毒舌潔癖キャラで人気です。

人気急上昇の坂上忍さんは、「ブスは嫌い!」などと衝撃的な発言で
話題となりました。

そんな彼が、著書「偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方」の
出版記念サイン会ではまたまた、衝撃的な発言で話題を呼んでいます。

何かとお騒がせな大御所タレントのデヴィ夫人との対談を断ったんだとか!

お断りの理由が「めんどくさそう」。
坂上忍さんらしい理由ですねw

そんな彼が浮き沈みを経験しながら再ブレークしたわけを調べてみました。芸能界で再ブレークするのはなかなか難しいなか、再ブレーク芸人の
筆頭格はやはり有吉弘之さんですね。

彼の大ブレークしたきっかけは、あの「おしゃべりクソ野郎」でした。
いきなり「おしゃべりクソ野郎」のレッテルをはられた品川祐さんはたまった
もんじゃないですが、この一件で有吉さんは「毒舌芸人」のポジションを確立し
浮上したんですね。

さて、じゃあ坂上忍さんのきっかけは?というと、。『笑っていいとも!』で
昼の生放送中に「ブスと仕事が嫌い」と言い放つということが発端です。

「ブスは嫌い」や「女は顔が命」などの過激な発言は、有吉さんや
マツコ・デラックスさんのような「毒舌キャラ」として一気に存在感を高めました。

坂上忍さんの毒舌は、バラエティー番組のトレンドとはいえ、それだけでは
ブレイクのきっかけにはなりえないですね。

毒舌でも見ている人や共演タレントとの共感や納得が得られる
人間観察眼も必要です。

あと、坂上忍さんはものすごいギャンブラーで1年働いて得たお金を
大晦日にボートや競馬で賭けて、勝てば仕事を休み、負ければ働く、という
うそのような人生を20歳から送ってきたようです。

天才子役としてならした幼少期も本当は中学までしか仕事をする
予定がなかったものの、ボートレース狂いの父親が会社を倒産させ、
その借金の支払いを肩代わりしたなどという衝撃的な体験の持ち主です。

まさに波乱万丈、一筋縄ではいかない人生経験の持ち主。
そんな彼だからこそ、強烈なキャラクターで、刺激的な発言が
しっくりくるんですね。

再ブレイクしたきっかけは、「ブスは嫌い」の発言でしたが、ただの
発言が人気を押し上げるきっかけになったんじゃなく、彼の破天荒な
人生そのものが、「ブスは嫌い」をきっかけにクローズアップされて
再浮上したんです。

今年も坂上忍さんに注目ですね!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。